学部案内

地域コース

スポーツビジネス

スポーツを通じて持続可能な社会づくりに貢献できる人材をめざす
スポーツと健康の分野は成長産業としての可能性に満ちています。スポーツビジネスはもはや利益の追求によってのみ成立するものではなく、地域への貢献や環境保全、ITを核にした革新的な取り組み抜きには発展していくことが不可能です。地域コース〈スポーツビジネス〉では、スポーツを通じて持続可能な未来を切り拓いていこうとする人材づくりをめざします。

4年の学び

1年次

スポーツに関する基礎知識や理論を身につける

産業としてのスポーツを理解するうえで必要となる基礎的な知識やさまざまな理論を身につけます。また、スポーツを通じた地域経済活性化について学びます。

2年次

スポーツ領域の課題発見力・解決力を磨く

スポーツを取り巻く関連領域の学びを通じて、スポーツの社会的意義を考察していきます。また、演習では、興味・関心ある分野に分かれて課題解決型演習に取り組みます。後期は企業から出された課題に取り組み、企業担当者の前で成果を発表します。

3年次

スポーツの新たな価値創造について思考する

スポーツに関わる応用領域についてより専門的な学びを深めます。同時に、3年次の演習ではひとりの指導教員のもとで、興味あるテーマに関する課題を選び、スポーツの新たな価値創造に向けて分析と検討を重ねていきます。

4年次

スポーツ産業の未来をつくるスペシャリストへ

このコースで学ぶからには、学生一人ひとりが卒業までにスポーツビジネスのスペシャリストになってほしいもの。そこで、4年次演習では設定したテーマの研究に計画的に取り組み、最終的に4年間の集大成として卒業論文にまとめます。

FOCUS ON専門科目

地域スポーツ・マネジメント
地域スポーツ・マネジメント
成果をもたらすスポーツ組織のマネジメントとは

スポーツ組織の成果はマネジメント力によって大きく左右されます。例えば川崎フロンターレは、積極的な地域貢献活動を展開することでJリーグ有数の地域密着型クラブに成長し、2シーズン連続で年間チャンピオンに輝きました。この科目では、ステークホルダー(利害関係者)との関係構築など、実際にスポーツ組織を運営する上で必要な専門知識について学びます。

メディアスポーツ論
世メディアスポーツ論
メディアとスポーツの理想的な関係を問う

スポーツの発展はメディアの発達と切っても切れない関係にあります。今日ではインターネットの発達により、スポーツとメディアの関係もまた新たな段階を迎えています。この授業では、スポーツが成立してきた社会的背景やスポーツ事業におけるメディア戦略の変遷を理解し、スポーツ報道の特殊性や問題点を取り上げて、両者の理想的な関係を一緒に考えていきます。

モータースポーツ論
スポーツ起業論
成長産業としてのスポーツビジネスを創出する

スポーツビジネスは2016年に政府の掲げる「官民戦略プロジェクト10」の1つに採用され、明確に国策とされました。市場規模も2025年には2012年に比べて約3倍の15兆円市場への拡大が見込まれています。そこで、本科目はスポーツビジネスに関する基本的知識の上に革新的事例を考察し、スポーツ産業における新規事業を創造できる能力を身につけていきます。

FOCUS ON 教員

小野  圭久 准教授

小野 圭久 准教授

〈専門分野〉
スポーツマネジメント
〈研究テーマ〉
スポーツチームの組織変革に向けたチームビルディングの研究
強いスポーツチームづくりに不可欠な
チームビルディング
スポーツチームの戦力は常に一定ではなく、チームを取り巻くさまざまな要素も複雑に変化します。チームが継続的に競争優位を維持し成果を残していくためには、環境の変化に対応した戦略的な組織変革が不可欠です。私のゼミでは、将来スポーツチームの指導者をめざす学生を中心に、チームビルディングの技法を用いながら、変化を促すチームマネジメントを実践的に学んでいきます。

FOCUS ON学生

北村  智哉

北村 智哉

国際地域学科3年
[京都・日星高等学校出身]
スポーツ=産業の視点で学ぶ面白さ将来は
野球ビジネスに関わりたい
小さい頃から野球をしてきて気になるのが、最近の野球人口の減少です。授業で「スポーツ=産業」という視点を学んだのをきっかけに、将来は野球の裾野拡大につながるビジネスに関わりたいと考えています。地域コースではスポーツだけでなく地域づくりについて学べるのも大きな魅力です。自分自身の視野を広げるためにも在学中にアメリカを訪れて、メジャーや少年野球の取り組みをこの目で見てくるつもりです。