鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部のSDGs達成に向けた教育研究の取組み

SDGsとは?

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
(参照:外務省ウェブサイト「SDGsとは?」

鈴鹿大学・鈴鹿大学短期大学部では、
キャンパスにおける、また地域連携・国際連携によるさまざまな活動を通じて、
食品ロス、貧困、飢餓、教育格差、偏見・差別、環境破壊等の課題に取り組んでいきます。

国際地域学部×SDGs

「国際経営論・企業論」松井 義司 准教授

地球温暖化の経緯と課題、脱炭素に向けた世界各国や国内・県内の取り組みについて考えていきます。

「アドバンスト・
イングリッシュⅠ・Ⅱ」松倉 信幸 教授

多様化する世界の現状を認識し、文化的背景を異にする者同士の間に生じるさまざまな課題の解決方法について、討議と発表を行います。

「多文化理解」桟敷 まゆみ 准教授

多様な文化を学び、自文化を問い直すことで、自分とは異なる文化的背景をもつ人の心情や境遇に配慮する力、行動力を修得します。

「観光政策論」
「インバウンド観光論」郭 育仁 准教授

パートナシップによる“地域のための観光創造”について学び、活動していきます。

「3年次演習Ⅰ・Ⅱ」細井 和彦 教授

森林資源を活用した持続可能な生活の送り方、自然環境を活かした農牧業を営んでいる地域と生き方を実践する人々の衣食住行を共同研究しています。

「3年次演習Ⅰ・Ⅱ」
「4年次演習・卒論Ⅰ・Ⅱ」佐藤 惣哉 准教授

アジア諸国に注目し、教育の充実が国の経済成長に貢献するメカニズムについて考えていきます。

「観光ビジネス論」渡辺 敏明 講師

ロケーションツーリズムと持続的な観光の実現について研究しています。

「スポーツ起業論」竹田 昌平 講師

運動やスポーツを行うことは、「コスト」ではなく「資本」と考える時代です。スポーツをビジネスの観点から考えていきます。

こども教育学部こども教育学専攻×SDGs

「情報処理Ⅰ・Ⅱ」
「情報処理論」犬飼 和夫 准教授

ICT活用指導力を向上させるために、教育の情報化と情報活用能力およびプログラミング教育について理解し、基礎的な情報の扱い方について学びます。

「社会的養護Ⅰ・Ⅱ」山路 克文 教授

SDGsの17の課題のうち、貧困・飢餓・健康な生活・教育・ジェンダーは「社会的養護」を考えるうえで避けては通れない課題です。

「こどもと音楽」
「保育音楽技術演習」大久保 友加里 助教

ピアノの演奏技術を短期間で効率よく身につけるための指導方法や、音楽が持つ力の可能性について研究しています。

こども教育学部養護教育学専攻×SDGs

「生徒指導論」
水谷 明弘 教授

いじめ問題や不登校などの課題について、その背景にどのような事情があるのかを検討するとともに対応を考えていきます。

「養護概説」「学校保健」
上田 ゆかり 准教授

複雑で多様化しているこどもたちの健康課題に合わせた養護教諭としての役割、支援を考えます。

「基礎看護学」「学校看護学」
小川 真由子 准教授

看護科目を中心に、けがの処置や体調不良時の対応など、こどもの健康に関わる内容の授業を行います。

短期大学部食物栄養学専攻×SDGs

「女子学生における隠れ肥満と身体および食事の状況との関連」木下 麻衣 准教授

短期大学部こども学専攻×SDGs

「保育内容(健康)」
「スポーツと健康Ⅰ・Ⅱ」石川 拓次 准教授

生涯を通じてスポーツを楽しく行い、健康であり続けることの大切さについて考えていきます。

「生活情報処理Ⅱ」神谷 勇毅 准教授

幼児教育におけるICTを活用した教材開発について研究しています。

「こども家庭支援論」田中 裕子 助教

幼稚園・保育所・こども園の保育者として、保育のノウハウを積極的に発信し、すべてのこどもが健やかに成長できるように考えていきます。