アサヒグローバル株式会社山﨑 民雄さん

2019年3月 国際人間科学部 国際学科
ビジネスマネジメント系
スポーツビジネス領域 卒業
(現 国際地域学部 国際地域学科)

社会人になった今、鈴鹿大学・鈴鹿短期大学部での学びがどのように活かされているのか?
社会で活躍する先輩たちにインタビューしました!

キャンパスで“世界”にふれ、自分自身とも向き合えた。
大学での毎日が、今の財産に。

「留学生が多い鈴鹿大学なら、コミュニケーション力を磨けるよ」。高校の先生からそう勧められ、入学を決めました。アジアを中心に海外20カ国以上の学生が集まるキャンパスは、学食へ行けば他学科の留学生とも交流できる環境。近くの席に座ると、自然と会話が始まります。日本人同士の会話に出てきた言葉の意味を質問され、懸命に説明するうちに、意思疎通のできる英会話力が身につきました。中国人留学生から、「食事中はにぎやかに会話するのがマナー」と聞き、価値観の違いにも驚いたものです。

留学生に限らず、在学中は多彩な人と関わりました。授業の課題では、企業を訪問してスポンサーをお願いし、子どもたちとふれあうスポーツイベントを企画・開催しました。学外では、アルバイト先の居酒屋や所属した社会人サッカーチームで、年長の方たちと交流。さらに授業で心理学を学び、自分自身とも向き合いました。人のやる気を引き出すのが得意な半面、自分のペースに相手を巻き込みがちだという気づきがありました。

こうした学びを活かして選んだ仕事は、年代も価値観も多様な人と接する、住宅の営業です。お客様のご要望は「サウナがほしい」「庭でバーベキューを」など多種多様。その通りの“モノ”を提供するのではなく、真意をくみ取った“コト”の提案を心がけています。人生最大のお買物に、楽しく真剣に寄り添い、お客様の夢を実現できる――めざすのはそんな存在です。

津市立家城小学校 養護教諭田中 沙奈さん

2020年3月 鈴鹿短期大学部専攻科
健康生活学専攻 卒業
(現:鈴鹿大学 こども教育学部
養護教育学専攻)

社会人になった今、鈴鹿大学・鈴鹿短期大学部での学びがどのように活かされているのか?
社会で活躍する先輩たちにインタビューしました!

高校生で見つけた目標。
強い意志と積極的な学びが実を結び、念願の養護教諭に。

こどもの頃よく学校でケガをし、保健室のお世話になることが多く、“保健室の先生”と呼ばれる養護教諭を身近に感じていたこともあり、高校生の頃には養護教諭になりたいと強く思うようになっていました。進学先を探していたところ、学校の先生から鈴鹿大学短期大学部を勧められオープンキャンパスに参加してみました。そこで出会った小川真由子先生の人柄や模擬授業に感銘を受け、この大学で学びたいという強い意志が芽生えました。
大学入学後は、何でも挑戦してみようと、こどもたちと交流する場には積極的に参加していました。実習とアルバイトを経験した学童保育(放課後児童クラブ)では、こどもたちのことをより深く知る貴重な学びの場となったことを今でもよく覚えています。短大を修了して2種免許取得後は、専攻科で学びながらグループ校の鈴鹿中等学校で養護教諭として週に1回実務を体験させていただき、周囲とのコミュニケーション、先生方との連携がいかに大切かを学びました。
授業の合間には、教員採用試験に向けた勉強に専念しました。周囲には同じ志をもった仲間がいて、一緒に合格しようと互いに励ましあってきました。先生たちからのサポートと励ましをいただきながら目標を達成することができ、この大学を選んで本当によかったと感じました。今後は、鈴鹿大学短期大学部での学びの一つ一つを大切にし保健と栄養に関する知識をさらに深め、誰からも信頼される養護教諭をめざします。

ニュートリー株式会社小林 みどりさん

2015年3月 短期大学部
生活コミュニケーション学科
食物栄養学専攻
栄養教諭・栄養士コース 卒業

社会人になった今、鈴鹿大学・鈴鹿短期大学部での学びがどのように活かされているのか?
社会で活躍する先輩たちにインタビューしました!

苦手を克服する。知識を磨く。
人の役に立ちたいから、挑戦する気持ちを忘れない。

家族に料理をつくって喜ばれたように、調理や栄養を学んで人のために役立てたくて、この専攻を選びました。特に印象に残っている学びは、4人の班で100人分を調理する大量調理の実習です。食材の下処理に何分かかるのか、どうすれば効率よく調理できるかなど、想像もつかないことばかり。それでも議論を重ね、当日の混乱も乗り越えてやり遂げました。
私はもともと人と関わるのが苦手です。実習はそれを克服するいい機会でしたが、ほかにもいくつかの挑戦をしました。中でもスポーツ栄養サポート研究会“Grow up”では、社会人サッカーチームの選手に向けた栄養指導用の冊子を作成するため、緊張しながら選手の方に食生活の聞き取り調査をしました。友人の勧めで部長も引き受け、責任感から一人で突っ走ってしまう失敗も。みんなの意見を引き出す大切さを学びました。
卒業後は、病院向けの給食会社や保育園で栄養士として働きながら、絶対に取りたかった管理栄養士の資格を取得。現在はその資格を活かし、医療現場などで使われる栄養療法食品の、試作や分析といった開発補助をしています。栄養を摂れて味も楽しめる製品づくりを目標に、わからないことは勇気を出して先輩に質問します。大学の先生にも、専門知識から悩みごとまで相談しています。学生生活で培った、悩んで考えて行動する姿勢を力に、私が関わった食品で誰かに喜んでもらうため、挑戦を続けます。

学校法人津田学園 津田第一幼稚園入江 真央さん

2015年3月 短期大学部
生活コミュニケーション学科
こども学専攻
幼稚園教諭・保育士コース 卒業

社会人になった今、鈴鹿大学・鈴鹿短期大学部での学びがどのように活かされているのか?
社会で活躍する先輩たちにインタビューしました!

苦手を克服する。知識を磨く。
人の役に立ちたいから、挑戦する気持ちを忘れない。

家族に料理をつくって喜ばれたように、調理や栄養を学んで人のために役立てたくて、この専攻を選びました。特に印象に残っている学びは、4人の班で100人分を調理する大量調理の実習です。食材の下処理に何分かかるのか、どうすれば効率よく調理できるかなど、想像もつかないことばかり。それでも議論を重ね、当日の混乱も乗り越えてやり遂げました。
私はもともと人と関わるのが苦手です。実習はそれを克服するいい機会でしたが、ほかにもいくつかの挑戦をしました。中でもスポーツ栄養サポート研究会“Grow up”では、社会人サッカーチームの選手に向けた栄養指導用の冊子を作成するため、緊張しながら選手の方に食生活の聞き取り調査をしました。友人の勧めで部長も引き受け、責任感から一人で突っ走ってしまう失敗も。みんなの意見を引き出す大切さを学びました。
卒業後は、病院向けの給食会社や保育園で栄養士として働きながら、絶対に取りたかった管理栄養士の資格を取得。現在はその資格を活かし、医療現場などで使われる栄養療法食品の、試作や分析といった開発補助をしています。栄養を摂れて味も楽しめる製品づくりを目標に、わからないことは勇気を出して先輩に質問します。大学の先生にも、専門知識から悩みごとまで相談しています。学生生活で培った、悩んで考えて行動する姿勢を力に、私が関わった食品で誰かに喜んでもらうため、挑戦を続けます。