田中 沙奈さん

津市立家城小学校 養護教諭
2020年3月 鈴鹿短期大学部専攻科 健康生活学専攻 卒業
(現:鈴鹿大学こども教育学部養護教育学専攻)
田中 沙奈さん

こども一人ひとりに応じたケアと
周囲との綿密なコミュニケーションで

こどもの頃よく学校でケガをし、保健室のお世話になることが多く、“保健室の先生”と呼ばれる養護教諭を身近に感じていたこともあり、高校生の頃には養護教諭になりたいと強く思うようになっていました。進学先を探していたところ、学校の先生から鈴鹿大学短期大学部を勧められオープンキャンパスに参加してみました。そこで出会った小川真由子先生の人柄や模擬授業に感銘を受け、この大学で学びたいという強い意志が芽生えました。

大学入学後は、何でも挑戦してみようと、こどもたちと交流する場には積極的に参加していました。実習とアルバイトを経験した学童保育(放課後児童クラブ)では、こどもたちのことをより深く知る貴重な学びの場となったことを今でもよく覚えています。短大を修了して2種免許取得後は、専攻科で学びながらグループ校の鈴鹿中等学校で養護教諭として週に1回実務を体験させていただき、周囲とのコミュニケーション、先生方との連携がいかに大切かを学びました。

授業の合間には、教員採用試験に向けた勉強に専念しました。周囲には同じ志をもった仲間がいて、一緒に合格しようと互いに励ましあってきました。先生たちからのサポートと励ましをいただきながら目標を達成することができ、この大学を選んで本当によかったと感じました。今後は、鈴鹿大学短期大学部での学びの一つ一つを大切にし保健と栄養に関する知識をさらに深め、誰からも信頼される養護教諭をめざします。