学部案内

食物栄養学専攻

栄養士モデル

“半歩先未来”の課題解決に意欲的な食のスペシャリストになる
健康的な生活を送るには栄養バランスのとれた食事が欠かせません。食物栄養学専攻では、さまざまな施設でおいしい給食を提供したり、栄養指導や生活習慣病予防などのアドバイスができる栄養士・栄養教諭の育成をめざしています。また社会の変化とニーズに敏感で、“半歩先未来”の課題発見・解決に意欲的な食のスペシャリストを養成します。

2年の学び

1年次

栄養士に必要な基礎知識・技術を身につける

栄養士の学びには食品・栄養・調理を一体とした体系的な専門知識と技術が必要です。1年次前期では、栄養士としての土台となる基礎的な知識や調理技術を身につけるほか、健康で豊かな食のあり方について科学的なアプローチから学んでいきます。

1年次

栄養と人体機能の関係を科学的に理解する

1年次後期では、生化学や臨床栄養学などの科目を通じて、人体の構成成分や機能、代謝経路を科学的に理解し、対象者の栄養状態や疾病に合わせた栄養管理を学びます。キャリアデザイン科目では栄養士の仕事について理解し、栄養士をめざす気持ちを高めます。

2年次

実験・実習を通して、実践的な力を身につける

2年次前期は、生化学や食育実践に関する実験・実習により、実践的な力を身につけます。栄養アセスメントから献立作成・作業管理・衛生管理まで、栄養士の専門的な知識や技術をマスター。夏休みには病院や高齢者施設などの栄養士から実際の仕事について学びます。

2年次

栄養士に必要な資質・能力を養い社会へ

卒業を控えた2年次後期は、栄養士に必要な資質・能力を養います。地域の健康・栄養課題を把握するための調査方法・データ分析方法から、疾病成因やヒトのからだの機能、微生物や食品添加物、食品物性に関する専門知識まで、栄養士としての専門知識を修得します。

FOCUS ON専門科目

調理学実習
調理学実習
食品の取り扱いや基本的な調理操作を身につける

調理とは、食品を栄養の目的に沿うように、また衛生的に適した処理をすることです。食べやすく、消化吸収しやすく、おいしく、見た目に美しくすることも求められます。本科目では、調理学の基本的知識と、食品の取り扱いや基本的な調理操作・調味操作を一体化させて実践します。科学的においしさを捉え、調理技術の向上に力を入れます。。

臨床栄養学
臨床栄養学
食と生活習慣・疾病の切り離せない関係性を追究する

健康と栄養の関係を追究するのが臨床栄養学。本科目では、さまざまな疾病の病態生理・臨床症状について学習し、疾患に対応した食事・栄養療法の基礎知識を身につけます。また、予防医学の観点から現状の食生活の改善すべき点を発見し、エネルギーや食塩の制限など栄養士として自ら健康習慣を身につける工夫を学びます。

給食実務論実習Ⅰ
給食実務論実習Ⅰ
給食実習を通じて衛生管理・大量調理の基本を学ぶ

さまざまな施設でおいしい給食が提供できるように、給食費、献立作成、材料発注、検収、食数管理、調理作業、配膳など食事計画からサービスまですべての工程で実践的な技術を磨きます。本科目では、栄養士役と調理員役に業務を分担して100食以上の大量調理を行い、本学の教職員に試食してもらいます。実践を通して衛生管理と大量調理の基本を習得します。

FOCUS ON 教員

櫻井  秀樹 教授

櫻井 秀樹 教授

〈専門分野〉
獣医学、公衆衛生
〈研究テーマ〉
給食施設における食中毒の傾向と有効な対策
飲食に起因する健康危害とその適切な防止策を考える
中食・外食需要の増加など食環境の大きな変化により、食中毒や食品による健康被害の問題が絶ちません。食品衛生学は食品の安全確保のためにすべての人に必要で身近な学問ですが、特に調理・栄養・衛生の指導的立場である栄養士や栄養教諭をめざす学生の皆さんには、食の安全についての知識をしっかり身につけ、食品衛生に対する意識を高めていってほしいと願っています。

FOCUS ON 学生

村山  菜月

村山 菜月

食物栄養学専攻 2年
[三重・鈴鹿高等学校出身]
文系出身のためゼロから始めた理系の勉強
調理実習の連続でカロリー計算もお手のものに
栄養士の仕事に興味をもったのは、管理栄養士をしている親戚からいろいろと話を聞いていたのがきっかけです。たいへんな仕事ではあるけれども、同時に人の健康を支えるやりがいのある仕事だと教えられました。文系出身の私にとって、生物学や生化学など理系の勉強はゼロからのスタートで苦労しています。でも調理実習はぐんぐん腕前が上がっていくのが楽しくて、今ではカロリー計算もお手のものです。

栄養士の資格を取得し、「更にステップアップしたい人」に向け2つの学びを設けました

生活コミュニケーション学科 食物栄養学専攻 栄養士×栄養教諭モデル

“食育”を通じて食事に問題を抱える児童・生徒をサポート

小学校・中学校などで学校給食の管理を行うほか、家庭科や保健体育の授業の一環として、栄養や食事の指導を直接行うことができるのが「栄養教諭」。偏食・食物アレルギー・肥満など食に関する問題を抱える児童・生徒を個別にサポートすることも。“食育”は教職員・家庭・地域との連携が大切なため、高いコミュニケーション能力が求められます。

本学食物栄養学専攻では、指定された栄養や教職に関する科目の単位数を修得することで、栄養教諭二種免許状が取得できます。栄養教諭になるためには、栄養士免許のほかに教育職員免許状が必要です。
この免許状を取得するためには、以下の要件があります。

基礎資格
短期大学士の単位および栄養士免許を有すること

本学における修得単位数(33単位)

基礎教育科目(12単位)

  • 日本国憲法
  • スポーツと健康Ⅰ
  • スポーツと健康Ⅱ
  • 英語
  • 生活情報処理Ⅰ
  • 生活情報処理Ⅱ

(上記必修)
その他2科目4単位

教職に関する科目(19単位)

  • 教育の原理と課程
  • 教師の役割と教育の社会性
  • 教育心理学
  • 特別支援教育論(栄養)
  • 道徳、総合的な学習の時間・特別活動論
  • 教育方法と技術
  • 生徒指導論
  • 教育相談の理論と方法
  • 教職実践演習(栄養教諭)
  • 栄養教育実習
  • 栄養教育実習事前事後指導

教科に関する科目
(2単位)

  • 学校栄養指導論
  • 教養科目
  •  
  • 演習科目
  •  
  • 専門科目

生活コミュニケーション学科 食物栄養学専攻 栄養士×フードマネジメントモデル

“食”と“健康”の専門知識とビジネス感覚を備えた食のクリエーター

「人生100年時代」を控え、これまでになく“食”と“健康”への注目が高まっています。食と栄養の専門的な知識・技能をビジネスに結びつけて学びたいという要望に応え、2021年度入学者からカフェ経営や商品開発を手がける「フードマネジメントプログラム」を導入。本学ならではの教育資源を活用して、ビジネス感覚を備えた食のクリエーターを育てます。

このフードマネジメントプログラム(FMP)では、地元和洋菓子店・飲食店とのコラボレーションによる商品開発やメニュー開発、カフェ・レストラン実習、国際地域学部のビジネス関連科目の履修を通じて、学生の企画力と経営感覚を育み、豊かなコミュニケーション能力と社会性を身につけます。栄養士養成課程必修科目12単位とフードマネジメントプログラム専門科目16単位以上を修得することで、食に関わるビジネス人材の育成を目的として本学が独自に設置した認定資格「フードビジネスクリエーター証」を付与します。

“食”に関する基礎科目(栄養士養成8単位)

食文化、地元特産品、食品加工や食品表示制度について理解を深め、おいしくて健康的な食生活を実現するスキルを身につけます。

  • 食品学総論
  • 食品学各論
  • 食生活論
  • 食品学実験

調理・商品開発関連科目(栄養士養成4単位+FMP6単位)

将来、自分のお店を持ちたい! カフェ・レストランで働きたい! そんなときに役立つような料理の調理法や商品開発・販売を協力店での実習を通じて実践的に学びます。

  • 調理学
  • 調理学実習
  • カフェ・レストラン
    実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

フードビジネス専門科目(FMP10単位以上)

グローバル化する食の需要と供給、消費の仕組みや経営技法を学び、フードビジネスの基礎知識を身につけます。食産業で活躍したり、家業継承・独立起業するために必要な専門知識と実践スキルを学びます。

  • 経営学総論
  • 経済学総論
  • 観光ビジネス論
  • おもてなし実践論
  • 国際地域ベンチャービジネス論
  • 文化人類学
    (食文化論)
  • ホスピタリティ
    イングリッシュ
  • 栄養士養成課程必修科目
  •  
  • フードマネジメントプログラム専門科目(は必修)

フードマネジメントプログラムの内容および専門科目は、計画中のものです。
名称や内容の一部が変更になることがあります。