学部案内

ビジネスコース

地域の課題にビジネスのかたちで解決・実行できる人材をめざす
少子高齢化・人口減少による労働力の不足は地域が直面する大きな問題ですが、ビジネスのノウハウで解決することで、一転新市場の創出につなげることも可能です。ビジネスコースでは、幅広い視野と力強いリーダーシップをもち、わたしたちが生活する地域におけるさまざまな課題に対してビジネスのかたちで具体的に解決・実行できる人材を育成します。

4年の学び

1年次

経済学・経営学の基礎を学習し、社会への関心を高める

ほとんどの人は大学で初めて経済学や経営学に触れることでしょう。1年次前期で履修する「経済学総論」「経営学総論」は、それ以降の経済学・経営学の専門的な学びに欠かせない土台となる科目です。また、これらの学びを通じて社会への関心を高めます。

2年次

実地学習を通じて専門知識への理解を深める

2年次からは、近代経済学の諸理論を学ぶとともに、ビジネス関連の専門的な学びが始まります。また、並行して進行する学外でのフィールドワークや現場見学、インターンシップなどの実地活動を通じて、専門知識への理解を深めることが可能になります。

3年次

課題探求能力に磨きをかける

将来の進路に適した教員指導のもとで専門性を深掘りする演習(ゼミナール)が始まります。2年間で蓄積した学びから見えてくる問題意識について、少人数制のグループ学習やフィールドワークを通じて深掘りします。地域に介在する課題を自ら発見して、それを解決する能力の獲得をめざします。

4年次

学びのまとめと実社会への適応

4年間の学びの集大成として、各自が設定した卒業研究に1年間かけて取り組みます。インターンシップ等を通じて実地の場でも鍛えられた学力は、卒業論文に力強い裏づけを与えることでしょう。実社会に旅立つ社会人として相応しいレベルの教養とビジネス遂行能力を身につけることが目標です。

FOCUS ON専門科目

マーケティング論
マーケティング論
売り上げを伸ばすための仕組みや仕掛けを考える

企業は、自社が扱う製品やサービスの売り上げを伸ばすために、あらゆる努力を惜しまないものです。簡単に言えば、マーケティングとは、そのような「売れる仕組みづくりや仕掛けづくり」に関わる取り組み全般を指します。この授業では、豊富な事例を通じてマーケティングの基本的な概念を理解し、マーケティングに必要な発想力を養います。

国際経済論
国際経済論
身近な事例から世界全体の経済の動きを分析する

「国際経済」と聞くと、難しいイメージが浮かぶかもしれませんが、世界全体の経済の動きは皆さんの日常生活に深く関わっています。この授業では、世界の貿易問題や開発途上国の経済発展の問題など、国際経済に関する基本的な理論や考え方について、新聞・インターネット記事や映像、身近な例を用いてわかりやすく解説していきます。

ビジネスICT
ビジネスICT
ICT・IoTと今後のビジネスの可能性を学ぶ

コンピュータの性能が飛躍的に向上し、ビッグデータと呼ばれる巨大なデータ集合を解析することでさまざまなことがわかるようになってきました。ビジネスマネジメントの観点からも、ICTやIoTと呼ばれる技術がもはや不可欠となっています。この授業では、これらの仕組みや具体的な応用事例について学び、これからのビジネスにつながる専門的知識を身につけていきます。

FOCUS ON 教員

松井 義司 准教授

松井 義司 准教授

〈専門分野〉
国際経営、事業革新
〈研究テーマ〉
経営環境変化とその適応
企業へのフィールドワークを通して
自分の適性を考える
地元企業のフィールドワークを重視した経営学のゼミです。各種企業への訪問だけにとどまらず、企業から課題を受け取りそれをグループワークで検討する課題解決型学習を展開します。体験型の学習を通して、学生自らどのような職業や業種に興味関心があるかを探っていきます。また、グループワークではパワーポイントのプレゼンを頻繁に行うことで、プレゼン能力を高めます。座学の講義とは一味違った実践的学習をめざします。
佐藤  惣哉 准教授

佐藤 惣哉 准教授

〈専門分野〉
開発経済学、経済成長理論
〈研究テーマ〉
人的資本蓄積と経済成長の関係について
国が経済発展するために必要なことは?
どうしたら開発途上国が経済発展するのか、そのメカニズムや必要な政策を考える学問が「開発経済学」。私のゼミでは、農村開発・教育・健康・工業化・開発援助など、開発経済学に関するさまざまなトピックを扱い、現実に起きている問題についてディスカッションや発表を行いながら理解を深めていきます。学生一人ひとりが自分の研究したいテーマを決定し、卒業論文の書き方やリサーチの方法についても学びます。

FOCUS ON学生

米山  慧

鈴木 元耶

国際地域学科 3年
[熊本・城北高等学校出身]
大学発ベンチャー企業の活動で広がった視野
将来は経営コンサルタントとして独立したい
野球を続けるのが目的で入ったこの大学で出会ったのが“大学発ベンチャー”。地域の要望に応えて最適な問題解決をめざすコンサル業務に携わっています。今取り組んでいるのはある町の地場産業の活性化。高校生に高齢化が進む匠の業を知って興味をもってもらい、後継者を育てるプロジェクトを進めています。在学中に中小企業診断士の資格を取得して、20代で経営コンサルタントとして独立する計画です。